日建スチール|JUPITA
JUPITA Mail News

みなさん、こんにちは。JUPITAチームの三輪です。
今回は、店舗・建築向け照明で有名な大手メーカー「DNライティング株式会社」様と協働した試作品のご案内です。JUPITA製品『 X-J Sharp 』の特性をヒントに、DN様のプランニングで数点の間接照明を製作しました。一つはこれまで製作経験の無い、先端角度(11.3度)で奥行きを延長した製品をショールームに納品しました。

装置に照明器具を載せ、ライティングの検証を行いました。ライティングの美しさも意図した通り成功です。装置自体の見付けが鋭角で薄いため、予想以上にデザインの「軽さ」を演出できました。

ショールームへ来場された設計様や著名な照明デザイナー様からも高評価で、デザイン性の高い商業施設などにも使いやすいとのこと。見付けの「軽さ」を強調した間接照明が見込めます。

写真提供:DNライティング株式会社
内装工事ニュース
こんなとこにも間接照明。

鉄道好きの方ならご存知かもしれませんが、2017年の3月末から運行している、日比谷線の3代目車両「13000系」。「オフィスをイメージしたシックで都会的なインテリアデザイン」というコンセプトで日比谷線限定のアレンジだそうです。

従来の室内灯は「直接照明」だったため、乗客から『まぶしい』という指摘が寄せられていたことから、LED間接照明を採用したそうです。灯りは横に照射し、反射板は波型に成型されており、外から内側へ少しずつ変化させることで灯りの配分を調整しているとか。

建築物以外でもさまざまな場所で重宝されている間接照明。JUPITAも、灯りを照らす大切な支えとして、多くの場所で利用してほしいと願っています。


出典:東京メトロ
日建スチールの現場で働くスタッフからのお知らせ
東京本部 部長 三輪
東京本部 部長 三輪
JUPITA事業部リーダー三輪です。JUPITAの新製品から最新事例など色んな情報をお届けします。最近、腰痛に悩まされていますが、良い情報をお届けするよう頑張ります。
東京本部 重松
東京本部 重松
JUPITA製造責任者。納期には必ず間に合わせる重松です。JUPITA製造現場からの旬な情報をお届けします。
東京本部 加田
東京本部 加田
JUPITAの新形状から現場のおさまりなど何でもご相談ください。職人視点からのJUPITAの情報をお届けします!
日建スチール|JUPITA

<加田の編集後記>

こんにちは加田です。

日差しが厳しく、建築・建設現場で働く私たちにとって、ちょぴりツライ季節になってきました。ジメジメした梅雨時期よりは幾分マシなんですけどね。

そんなこの時期、夏バテ解消に「うなぎ」が食べたいなと感じている今日このごろ。調べたところ、今年は7/25と8/6が「土用の丑の日」だそうです。

ところで、「うなぎ」を食べればスタミナがつくのかと疑問に思い、ちょっと調べてみました。諸説あり見解も曖昧ですが、どちらかと言えば「疲労回復」寄りだそうです。つまりエネルギー補給ではないんですね。体内ではつくることが出来ない「ビタミンなどの栄養補給」がメインだとか。

難しくてよく解らないで、上司の三輪にうなぎについて聞いたら沢山ウンチクを教えてくれました。(笑)内心は、ちょっぴりお高い「うなぎ」を会社の昼飯に食べたいという願いを、暗に伝えた戦略なんですが全然気づいてもらえませんでした。

本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | 登録情報更新
メールが正しく表示されない場合はこちらWebページ版をクリック


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.