【センスが光るスペースの魅せ方!】エントランスにJUPITA採用をレポート!
建築事務所に所属している一級建築士の表

 

【センスが光るスペースの魅せ方!】

エントランスにJUPITA採用をレポート!

 

 

みなさんこんにちは!JUPITAチームの三輪です。

 

今年最後にお届けするメールニュースは、観光地としても不動の人気を誇る都内某所に建設されたマンションのエントランスに採用された間接照明の事例です。

 

R間接照明装置「JP-R」が採用され、匿名で掲載許可をいただきましたので、その特性をレポートいたします!

 

JUPITAの間接照明は、天井高低差があまりとれない空間でもミニマル製法の特徴で、狭小な場所に装置を納めさせていただいておりますが、特に今回の案件は、限られたスペースを最大限に生かすデザインでした。

 

ココが注目のデザイン!

 

・エントランスの壁際間接ならコーニス照明が定番をコーブ照明とした逆発想

・スペースを考えると、ためらいそうな間接照明を2段で配置する大胆なデザイン

・間接照明が全体の明るさをほぼ確保してることで、天井がスッキリと見える

・空間を狭く感じさせない間接造作の配置方法

 

間接照明の幕板(アゴ・見付)を照明器具が隠れるギリギリの高さで製作し、H60のスリムな幕板は、スペースがあるとはいえない場所でも空間デザインを崩すことなく、照明デザインの邪魔になりません。

 

それは、JUPITAが照明台座厚みの他、ユニットを薄く、小さく作れる特性のミニマル製法が関係しております。

 

JUPITAの役割は、空間デザイン(インテリアの演出)と照明デザイン(光の演出)の均衡を図るバランサーだと感じております。

 

また、このようなコロナ禍において、人間関係が疎遠になりつつある状況を繋ぎ止めれるような楽しい話題を提供できるバランサーになりたいと考えております。

 

 

今年一年メールニュースの購読をありがとうございました!

 

またJUPITA製品をご採用いただいたお客さまにおかれましては、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

2021年も頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

直線部分ですが、Rと連結するのでRの製作方法を優先で製作しました。

上1段目の施工状況で、空いている部分に仕舞調整材が入ります。

取付が完了し、周辺ボード貼りとパテまで完了で、仕上げは吹付塗装です。

下2段目器具と幕板の高さがバッチリで、計算されたミニマル装置がわかります。

間接照明の造作が小さいことで、光が映えるお手伝いができたと思います。

施工事例一覧
製品一覧
フルオーダー制作


ANDPADが20億円調達のニュースを見て思うこと

 

コロナにおける現場管理のあり方が変わってきました。

 

今までは「現場に行くこと」が正義であり現場に大事な情報が落ちているというところがあったのですが、コロナ禍の今「現場に行かなくてすむなら現場に行かない」のが正義になりつつあります。遠隔で動画やネットでの動画通話で情報を確認することが増えました。

 

そんなときに、もう少し、もう一歩管理のレベルをあげたい。というときに一元の情報管理ツールなどの「ANDPAD」などを検討しようかなと思ってしまうんですよね。

 

全然僕はANDPAD社の回し者でもないのですが、同じ情報をみんなが見るというところと、ITリテラシーの違いによる情報の非対称性みたいな観点から、個人でのEXCELなどのツール管理やチャットツールの写真やり取りだと無理がある場面が増えます。

 

コロナによって、そういう一元管理ツールの導入は本当に一気に進むんだろうなと思います。そういう経緯から今回ANDPADの超大型調達が再び決まったんだろうなと!

 

来年もいろんなツールを検討してみたいです。

JUPITAメルマガでは、来年も建築スタートアップまわりの情報を追い続けます!

 

出典元:techcrunch

 

建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは

石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

こんにちは木下です!みなさんは先日のM1決勝を見ましたか?

 

僕は毎年録画をして見るのですが、今年はリアルタイムで見てみました。

 

ハッキリ言って楽しみにしてましたっ。たくさん笑いましたっ。

論争はね。。。何も言えません。。。ただ楽しかった。。。この人生の縮図感!結果がすぐ出る面白さ!というわけで来年のM1も楽しみ〜〜!

 

正しく表示されない場合はこちら
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.