【マンションリノベ採用事例!】ハイレベルな造作のチャレンジが顧客価値を生む!
建築事務所に所属している一級建築士の表

 

【マンションリノベ採用事例!】

ハイレベルな造作のチャレンジが顧客価値を生む!

 

みなさんこんにちは!JUPITAチームの三輪です。

 

今回は、久しぶりに掲載許可をいただいたJUPITA採用事例のレポートで、今月は大工さんの取付け状況までをお届けします!

 

国内及び海外のインテリア業務で活躍のプロフェッショナル集団に所属されているデザイナーさま個人邸にJUPITA間接のご採用をいただいた案件です!

 

ご自宅マンションのリノベーション計画に際し、美しい光り方と造作にこだわりのある間接照明の導入を考えていたところ、同僚の方に装飾造作で自由度の高いJUPITA製品を紹介をされたそうです。

 

LDKのイメージパースを拝見した際に真っ先に目に入ったのは、天井全体へ大胆に配置される見付け(アゴ)の薄い間接照明でした。

 

バルコニー側を囲むようなコ型配置の間接照明で、コーナー部分が曲線で描かれるデザインは、ラグジュアリーホテルのような空間を演出しています。

 

この場合、薄型のR間接照明装置が必要で、幸いにも配信間もないプレスリリース新製品「JP-J-R9.5(12.5)不燃」の制作方法が使えます。

 

オーナーさまとお打合せをする中で、JUPITAのテクニックが試される条件がいくつかありました。

 

①コーナー部の見付(アゴ)はR=300で、背面下り壁もRのデザイン

②直線ユニットと平滑に取り合うようにコーナー部分も石膏ボード9.5で加工

③天井高低差(H)は、ドア枠取り合い、天井埋込の空調も影響する為、変更できない

④JUPITAとあわせたときに光を最も綺麗に演出出来る電源内蔵のLEDも一緒にご提案

⑤LEDは電源内臓型でやや大きめだが、見付(アゴ)は最も薄くスタイリッシュなご要望

 

①については、コーナー下り壁のR化により、直角トメ加工で発生する縦の影を消し去ることができるテクニックです。

 

⑤の見付を薄く見せたいご要望は、妥協をしたくない部分で、LED器具を見付内(アゴ)におさめる「台座掘り込み」のテクニックを使い、器具隠蔽をしっかりとクリアしました。

 

フルオーダー形状をお受けする場合、失敗のできない緊張感もありますが、採用事例のアーカイブから形状の組合せを考えたりする楽しさや、ご要望デザインにハマったときの嬉しさは格別です。

 

JUPITAは、今までになかったものをチャレンジで作り出すのが好物で、そこから顧客価値が生まれると考えています。

 

次回は、内装完成の様子をお届けしたいと思います。

センスの詰まった間接照明に是非ご期待ください!

 

 

見付け(アゴ)、下り壁もR化になります。なめらかなRにするため多角面のパテ処理とボード表面紙貼りの細工を施します。

照明台座を掘り込むことで、たったH38mmの見付けの中に器具をおさめることができる技ありの工法です。

現場に納品されたRコーナーのパーツ。薄い鉄板を細かく配置をし、台座延長の強度を確保します。

取付の大工さんからは、「ここまで作り込んでくれたら楽ちん、楽ちん!」と高評価をいただきました。

丁寧な取付をしていただいて、先端の通りもバッチリです!待ち遠しい完成レポートは次号お届けになります!

施工事例一覧
製品一覧
フルオーダー制作

部分最適からオペレーション全体の変革へ--コマツの取り組み

 

コマツ社のAWSを利用したDXの取り組みなのですが、これが企業のDXを考えるうえでおもしろかったので紹介します。

 

コマツ社が自社の課題を解決するために原点から再度設計したお話だと思います。

 

まず自社の仕事のプロセスを見える化して、そして建築の竣工までのプロセスを洗い出して、自社が提供する価値を再定義し、それらをすべてデジタルデータに変え、人、材料部分を機械でアプローチし、今までより大きな価値を提供するという試みに見えます。

 

まだ今後コマツ社が建築業界に対して、どんな価値を提供できるかはわかりませんが、建築業界において、提供する価値、建築業界とはそもそもという原点から再度設計するという考えは、非常に勉強になりました。

 

弊社のJUPITAでも現場の内装のプロセスを再定義して、どのような価値を提供できるのか考えてみたいです。

 

 

出典元:zdnet

 

 

建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは

石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

こんにちは、木下です。

 

最近観葉植物にはまっています。

観葉植物って良いですね。見ているだけで、落ち着きます、グーグルの研究では観葉植物を見ながら仕事するだけで仕事の能率が上がるとか(ソースは忘れました。すいません)

 

ただ観葉植物って、ひとつ買うと、またひとつ欲しくなって、どんどん増えるんですよね。

 

僕の家には観葉植物が5つあって、つい最近オリーブの木が仲間入りしました。

次はもっと大きい植物が欲しいな〜。

 

正しく表示されない場合はこちら
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.