【プロダクト・イノベーションで新サービスを創出!】「N-PITA」にインタビュー!
建築事務所に所属している一級建築士の表

 

 

【プロダクト・イノベーションで新サービスを創出!】「N-PITA」にインタビュー!

 

こんにちは!JUPITA事業部の金本綾乃です!

 

JUPITAが事業提携する野原産業株式会社の「N-PITA」について、N-PITA創設チームの佐倉さん、工藤さん、高橋さんへインタビューを行ってきました!

今回はその内容をお送りいたします。

 

間接照明ユニット「N-PITA」は、主に内装工事店さまに向けた事業です。商社である野原産業にとって、製造業へのアプローチは新しいチャレンジとなりました。そのやりがいや苦労を、ざっくばらんに伺ってみました!

 

JUPITAとN-PITAの違う点を教えていただけますか?

 

工藤さん まず我々商社は、工事店さまと直接お取引していますので、時間のないお急ぎのご要望をタイムリーにお応えすることがとても大事なんです。

 

佐倉さん 大きく違う点は、N-PITAはライナップを絞ることで短納期とお求めやすい価格帯で工事店さまへお届けすることを第一の目的としています。

 

三輪 間接照明のスタンダードな形状に絞ることで、工事店さまにも馴染みやすく、施工性の良さをアプローチできますし、「スチールK」形状なんかは今まで現場で施工の難しかった狭小部位での利便性が高いですし、地味な製品ですが工事店さまにはもってこいですね!

 

佐倉さん 確かに!一番工事店さんに喜んでもらえる商品かもしれません。これいいね!とよく言ってもらえます。

 

高橋さん 簡単形状はN-PITAでのご案内、意匠性の高い形状はJUPITAでのご案内で、間接照明に限らず内装造作をまるごとPRさせていただいてます。

 

N-PITAを開始して社内での相乗効果やイノベーションはどうでしょうか?

 

工藤さん 材料販売の会社がイノベーションを起こそう、と言ってもそう簡単ではありません。ですが関連する内装工事を勉強することで、工事店さまへの貢献度を高めることができますし、頑張ってやればできる!を体現している真っ只中です。

 

佐倉さん 私自身も製造業に向き合うのが初チャレンジですから本当に大変です。

ですが、自社ブランドの製品でカタログを持ってご紹介できるのが嬉しい!と同僚からも声を聞きますし、他の自社ブランドよりも正直なところ、可愛いですね(笑)

 

工藤さん 今まで社員が意識の向かなかった間接照明や造作部位に対して「あ、ここはN-PITAで提案、貢献できるな」となる。そういった身近さが営業に繋がっているかも。

 

お客様からよく聞く声を教えて下さい。

 

佐倉さん 短納期に高い評価をいただいて、そこをN-PITAは一番大事にしています。

図面対応もスピーディーにお返しするのも留意しています。

製造メーカーで取付用の割付図を作成する商材が他にない、と驚かれます。

 

三輪 それがまさに他と差別化のできる新サービスで、親切・丁寧な対応が喜ばれてます。

 

自社内装積算サポート「拾いジョーズ」から図面を読み取り「間接照明を中心に現場で困りそうな造作部位をN-PITA、JUPITAで先行でご提案もしています!」と高橋さん。

 

社内ポータルの活用で全国の社員に案件情報の共有、どうご提案したらよいか?のサポートも考え、いずれは内装全体で相談窓口になりたい!とみなさんは力強い意気込みでした。JUPITAチーム側もより一層の協力体制で、内装造作の普及に励みたいと思います!

 

 

「N-PITAに関わることで、内装工事の勉強もできますし、自信に繋がります」と工藤課長

ラインナップにないR間接照明部分はJUPITAと連携してコラボ制作で対応です

内装工事店から評価の高い「スチールK」壁際の狭小部分に最適です!

施工事例一覧
製品一覧
フルオーダー制作

社内のDXって何やってますか?

 

本メルマガでは新しい建築DXを紹介したりしてきましたが、そもそも弊社ってどんなDXに取り組んでいるのか調査したところ、Google系のサービスを中心に導入していてて、あと最近の社内の一番の変更は連絡ツールを、メールからチャットツールのチャットワークに変更したことです。

 

チャットワークとは日本の中小企業利用率NO1のビジネスチャットツールで、日々のメールや電話のやり取りを、LINEのようなチャットを使って仕事のやり取りするというツールです。

 

このチャットワークの導入により

・挨拶のボリュームが減った(「お疲れ様です!」「お世話になっています」みたいなの)

・宛先やCCを選ぶことから解放された(誰を宛先に入れるべきか、上司を先にCCに入れなくてはいけないか、みたいなことを考えなくて良くなった)

・検索が楽で早い。

・相手がメールを読んだか読んでないか分からないのが無くなった(読んだらリアクションをするというルールの導入)

 

一番のメリットは大量のメールのCCや大量のメーリングリストから解放されたことかもしれません。チャットツールなら通知のタイミングを時間帯や部屋ごとに変えられるので、自分の仕事のスタイルによってカスマイズすることが出来ます。

 

あとチャットを導入して、気軽に雑談とかも増えて欲しいなというのがあります。

今日の昼飯何たべるー?とか気軽にメッセージ送りたいなあ。

 

出典元:ChatWork

 

建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは

石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

こんにちは、木下です。

 

朝晩が少しずつ寒くなってきました。僕は冷え性なので冬がめっぽう苦手で。

 

ただですね、寒い季節の方が洋服を着る楽しさはあります。夏はつい涼しさ重視で服を選んでしまいますが、秋冬だとカラフルな色を入れたりやらやら、洋服に今日の自分のキモチを投入したりできるのが楽しいんですよねー。

 

正しく表示されない場合はこちら
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.